much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

大分の郷土料理の進化が止まらない!人気店が創作した新メニュー続々登場!!|大分|much-on!

大分の郷土料理の進化が止まらない!人気店が創作した新メニュー続々登場!!

大分の食材をいかして考案されたおもてなし料理、その名も『豊後料理』。期間限定で提供されている新たな郷土料理を紹介します。

2021年は大分市と周辺7市町から過去最多の76店舗が参加し、10月1日(金)から11月30日(火)までの2か月限定で提供されています。

(大分市農政課・田中香織さん)
「関あじ・関さばやカボス・シイタケは有名ですが、その他にも隠れた名産やおいしい食材がたくさんありますので、こういった食材が大分にあるんだというところも楽しんでいただけたらと思います」

大分市下郡の「韓国苑」。総料理長の姫野慶太さんが紹介してくれたメニューは「大分市産セリと団子のスンドゥブ(1089円)」です。韓国の鍋料理「スンドゥブ」に大分の郷土料理「だんご汁」を融合。スープにはコチュジャンのほかに大分県産味噌が使われ、大分市産のセリも入っています。

(韓国苑・姫野慶太 総料理長)
「大分の郷土料理でもある団子とスンドゥブを合わせています。セリの香りと味噌の香り、そして歯ごたえを楽しんでいただくスンドゥブとなっております」

韓国苑では、竹田産の豚肉や大分市産のニラがたっぷりと入った「たっぷりにらと竹田産豚のチヂミ(823円)」も提供されていて、ニラの食感が楽しめると好評だということです。

大分市中心部にある「ランズ珈琲」。こちらでは大分を代表するしいたけとスイーツを組み合わせた「しいたけプリン・ア・ラ・モードパフェ(968円)」を提供しています。別府産の乾しいたけをパウダー状にした「しいたけパウダー」と、同じく別府産の卵を使ったプリン。通常のプリンより濃厚で、香ばしさが強く感じられます。

(ランズ珈琲・上野大介さん)
「食べたときに感じるコクはしいたけのだしです。キャラメルのような香ばしさやコクが出るのでしいたけの新しいおいしさをわかってもらえるかなと」

大分市法勝台にある「酒湊みなみ」では高級魚と高級フルーツを組み合わせ、いつもとちょっと違う食べ方を楽しめます。

(酒湊みなみ 店主・南淳一さん)
「大分県産のかぼすヒラメです。ソースは梨をすりおろしたものをベースに、シャインマスカットやビネガーを加えて混ぜています」

こちらで提供しているのは、今が旬の由布市庄内町産の梨と宇佐市安心院町産のシャインマスカットで仕上げたソースをかぼすヒラメに和えたカルパッチョ、「かぼすヒラメと県産シャインマスカット庄内梨のソース(1320円)」です。フルーツの甘味と香りが淡白な白身魚の旨味を引き出していて、上品な味わいを楽しめます。

(酒湊みなみ 店主・南淳一さん)
「ソースにシャインマスカットを入れて風味を増すようにしました。日本酒やワインに合うと思います」

今年で4年目となる豊後料理は大分市をはじめ、別府市や由布市などの飲食店であわせて88品が提供されています。

(大分市農政課・田中香織さん)
「和食であったり、洋食中華など弁当の店もあったりするので、目で見て食べて楽しんでもらえたらと思っています」

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年10月14日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news