much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

宇佐市の長洲中学校柔道部|気迫のこもった練習で全国の頂点に|大分|much-on!

宇佐市の長洲中学校柔道部|気迫のこもった練習で全国の頂点に

2021年8月に行われた全国大会で大活躍した大分県宇佐市の長洲中学校柔道部を紹介します。

男女12人の部員が所属する長洲中学校の柔道部。練習は普段から、全国大会常連の名門校である柳ヶ浦高校柔道部と一緒に行っています。毎年のように全国大会に出場している長洲中学校の柔道部は個人戦で過去に2度準優勝していましたが、2021年の全国大会では澤永一豊選手が60キロ級で全国3位。そして、主将の吉村悠之介選手が55キロ級で全国優勝という初の快挙を成し遂げました。

(澤永一豊選手)
「日本一を狙っていたので3位という結果で悔しかったです」

(吉村悠之介選手)
「目標にしていた日本一になれてうれしかったです」

また、東京オリンピックも観戦したという2人。

(吉村悠之介選手)
「泥臭く最後まで粘っているところがカッコよく感じました」

(澤永一豊選手・吉村悠之介選手)
「オリンピックでは金メダルを目指します」

練習は基本となる「受身」から。投げられたときの衝撃を和らげる技術です。続いての練習は「打ち込み」。相手を投げるまでの動作を繰り返し行い、技への入り方を体に覚えさせていきます。

吉村選手が得意とする投げ技は背負い投げです。相手を背中に担ぐようにして肩越しに投げる豪快な技。吉村選手の「背負い投げ」には、技に入るスピードと全身で相手を崩す鋭さがあります。

最後は試合形式の練習「乱取り」です。気迫のこもった練習を重ねる長洲中学校柔道部のテーマは「一本を取りに行く攻撃的な柔道」。これからも目指す場所は全国の頂点です。

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年9月28日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news