much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

ほろ苦さと甘みで春を感じる「菜ばなのキッシュ」|大分|much-on!

ほろ苦さと甘みで春を感じる「菜ばなのキッシュ」

今回は春の訪れを感じる野菜「菜ばな」を使った彩り豊かなキッシュのレシピを紹介します。旬の菜ばなのおいしさが詰まった手軽に作れるおしゃれな一品です。

大分市城原にある「葉な果菜」。店内には減農薬や有機肥料を使ったこだわりの大分県産野菜が並んでいます。今回の主役「菜ばな」もありました。

(葉な果菜・中上智子さん)
「臼杵市産の菜ばなです。葉っぱの緑色が濃く、勢いが良い感じ。たくさん花が開いていない菜ばなを選ぶと良い」

菜ばなは小松菜や白菜、カブなどから出た新芽を成長させたもので、「つぼみ菜」と呼ばれることもあります。菜ばなにはカロテンが多く含まれ美容や健康に良いといわれています。

(葉な果菜・中上智子さん)
「旬を感じて、今だけの野菜なので春を感じてほしいです」

~彩り豊か「菜ばなのキッシュ」~

<材料>菜ばな…1束 冷凍パイシート…2枚 タマネギ…50g ベーコン…50g 塩こしょう…少々 オリーブオイル…大さじ1 大葉…4枚 チーズ…お好みで
<パイ生地に流すフィリング用>卵…2個 生クリーム…100g バター…5g(型に塗る用) 粉チーズ…大さじ2
※フィリングは事前に混ぜ合わせておく。
※オーブンは200度に予熱。

①菜ばなをボイルする。緑色を残すためにボイルは1分以下で済ませる。水気をとり、2センチ程に切る。

②タマネギはスライスし、ベーコンは1センチ程度に切る。

③フライパンでタマネギとベーコンを炒め、しんなりとしたら菜ばなを炒め、大葉を入れる。

④炒めた菜ばなは粗熱をとる。この間にパイシートを型に敷く。

⑤菜ばなを事前に合わせたフィリング(卵液)と混ぜ合わせる。お好みで粉チーズを入れ、パイシートに流し込む。200度のオーブンで15分焼き、表面にこんがり焼き色がついたら完成。

香ばしいパイ生地と中のクリーミーな生地。菜ばなを大きめにカットすることで食感が残り、かむとほんのり苦味と甘さを感じます。

今が旬の菜ばなをたっぷり使った彩り豊かなキッシュ。ほろ苦さと甘みが春の訪れを感じさせてくれます。

check point!

  • 菜ばなは食感を残したいので炒め過ぎず最後に入れるのがポイント!
情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2022年3月21日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る