much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

宝石のような輝き!白いきくらげの「コリコリ餃子」|大分|much-on!

宝石のような輝き!白いきくらげの「コリコリ餃子」

今回はコリコリとした食感が楽しめる、珍しい白いきくらげを使った「餃子」のレシピを紹介します。

大分市賀来北にある葛城修二さんのハウスでは、3年前から無農薬のきくらげを菌床栽培しています。きくらげと聞くと黒いものを想像する人が多いと思いますが、こちらで栽培されているのはなんと白いきくらげなんです。

(葛城修二さん)
「黒いきくらげと白いきくらげは基本的には同じですが、黒いきくらげを生産している中で1万分の1の確率でできるのが白いきくらげ」

コラーゲンやビタミンDを豊富に含むきくらげは、別名「食べる漢方」と呼ばれるほどの栄養素の高さが注目されています。国内での消費量は現在9割以上が中国産の乾燥きくらげで、葛城さんは国産の生のきくらげを広めようと栽培に励んでいます。

~白いきくらげの「コリコリ餃子」レシピ~
<材料>白いきくらげ(黒いきくらげでもOK)…50グラム 豚ひき肉…150グラム キムチ…50グラム 白ネギ…20グラム 鶏ガラスープ…小さじ1 塩…少々 ごま油…大さじ1 砂糖…少々 オイスターソース…小さじ1 水…大さじ1 しょうが…小さじ1 ぎょうざの皮…20枚

①白ネギを細かく刻む。

②きくらげの石づきを取る。乾燥のきくらげは1時間水に浸けて事前に戻しておく。

③きくらげを、あらみじん切りにする。

④豚ひき肉に塩を入れてよくこねる。水を足し、調味料としょうが、細かく刻んだキムチ、白ネギ、きくらげを入れてよく混ぜる。

⑤餃子の皮で包み、ごま油(分量外)をひいたフライパンでカリッとなるまで焼いたら完成。

大きめに切ったきくらげの“コリコリ”という食感が楽しい一品。
栄養たっぷり、美容食にもなる白いきくらげを使うことで、食感が新しいジューシーな餃子に仕上がります。

check point!

  • きくらげは水で戻すとどんどん膨らんで5倍以上に!
  • コリコリ食感を残すため、きくらげを大きめに切ることがポイント!
情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年10月25日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る