much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!
新型コロナ26人感染 公衆浴場の対策呼びかけ【大分】|ニュース提供:OBS大分放送|much-on! マッチ・オン">

新型コロナ26人感染 公衆浴場の対策呼びかけ【大分】|⼤分のニュース|much-on!

新型コロナ26人感染 公衆浴場の対策呼びかけ【大分】

大分県内で新たに26人の新型コロナウイルス感染が確認され、うち3人は中等症となっていることから、大分県は早めの医療機関受診を呼びかけています。
感染が確認されたのは乳幼児から80歳以上の男女26人で、居住地別では大分市が18人と大半を占め、別府市が4人、豊後高田市・杵築市・臼杵市・日田市がそれぞれ1人となっています。
感染経路は家族と経路不明が9人、職場が5人・知人が2人・会食が1人となっていて、経路が判明した人では家族間や職場での感染が目立ちます。
感染が確認された26人のうち20代と40代と70代の3人は肺炎や酸素投与が必要となる中等症となっていて、発症から1週間経って感染が判明したケースもあります。
大分県は抗体カクテル療法など早期の治療が効果的なこともあるため、症状がある場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけています。
一方、マスクの着用が難しい公衆浴場での対策について、大分県と大分市は改めて徹底を求めました。
大分県内の公衆浴場で先週、常連客同士が会話をし、複数人が感染したことを受けたもので、温泉施設や立ち寄り湯がある旅館など437施設に通知文を送りました。
通知では休憩所など共用部分でのマスク着用のほか、浴室などマスクが着用できない場所では会話を控え人との間隔をあけて利用するよう求めています。

その他のニュース

一覧に戻る

oita
news