much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

大分高校 ボウリング部|4人同時ストライク挑戦!まさかの結末に…【トリックショット】|大分|much-on!

大分高校 ボウリング部|4人同時ストライク挑戦!まさかの結末に…【トリックショット】

男子14人、女子2人が所属する「大分高校ボウリング部」。大分県内唯一の部活動ですが、2019年3月に行われた全国大会で男女ともに団体戦で全国優勝した強豪校です。部長は、2年生女子の中尾香女さん。2020年12月の全国大会で4位に入賞した実力者です。

(中尾香女部長・2年)
「ボウリングって頭を使う競技なんですよ。レーンにオイルが塗られているのですが、量によって曲がり方が変化していくので自分で投げてオイルを読み取って、そこからどうやってストライクにつなげていくのかというのを考えるのが楽しいです」

まずは、使っているボールについて教えてもらいました。

(中尾香女部長・2年)
「私が使っているボールは15ポンドありまして、キログラムに換算すると約7キロあります」

中尾さんは、主に1投目に投げる曲がりやすい「メインボール」と、2投目に投げる曲がりにくくコントロールしやすい「カバーボール」を使い分けています。ここで今年の大分県高校総体で大会記録となる1426点(6ゲーム合計)を出して個人戦で優勝した中尾さんの投球を見せてもらいました。

ボウリング場での部活練習は週3日。各自が投球フォームやピンの狙う位置などその日の課題を持ち、投げ込みを重ねます。また週に一度、プロボウラーに教えてもらい技術力の向上も図っています。

この日は、部活動の紹介用に派手な技トリックショットの練習も行っていました。28本のピンを1球で倒すトリックショットに3年生の児玉海選手が挑戦!すべてのピンを気持ちよく倒します。

そして最後に、3年生の4人が同時にストライクを出すという難易度の高いチャレンジ企画に挑戦!

精神力や集中力などメンタル面も必要となるボウリング競技ですがやはり、4人全員の成功は難しいのか…20投目を超えて疲労も溜まってきた4人ですがチャレンジは諦めません。

次こそ決められるのか。そして、27投目…。3年生4人が見事な精神力で、チャレンジ成功!この勢いで12月の全国大会に挑みます。

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年10月12日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news