much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

下郡ハンドボールスポーツ少年団|全国大会女子の部で準優勝!|大分|much-on!

下郡ハンドボールスポーツ少年団|全国大会女子の部で準優勝!

今回は全国制覇の実績を誇る下郡ハンドボールスポーツ少年団を紹介します。

現在男子20人、女子15人が所属する下郡ハンドボールスポーツ少年団。全国の舞台で数々の実績を残しているチームで、男子はこれまでに3度の全国制覇、女子も2021年の全国大会で準優勝という過去最高の結果を残しました。

(下郡小6年 高橋琉キャプテン)
「今年の全国大会はチームが自分たちで盛り上げていってたから結構いい結果になったと思います」

(下郡小6年 佐藤郁人キャプテン)
「県大会2位で僕はあまりうれしくないです。1位は絶対に取りたかったけど1点差で負けての2位なのでとっても悔しかったです」

まずはパスとキャッチの練習。バウンドパスや腕と手首のスナップでボールを投げるラテラルパスなど、状況に応じた様々なパターンを練習します。こちらは4つのポイントに分かれ、移動しながら流れるようにパスワークの練習をする「四角パス」。

続いてシュート練習。サイドの角度がない位置からのシュートやジャンプシュートの練習をします。こちらは高橋琉キャプテンのジャンプシュート。全国で準優勝した女子チームのエース。「ポイントゲッター」です。

続いてはコートの全面を使って2対2でオフェンスとディフェンスに分かれての練習です。チームが目指すのは「速いハンドボール」。ダッシュ、パスワーク、そしてシュートまでスピードを意識した練習を繰り返します。

最後は試合形式での練習。ハンドボールは1チーム7人で得点を競うスポーツ。『走る・投げる・跳ぶ』の3要素が揃い、迫力ある攻防や華麗なシュートが魅力です。


(下郡小6年 高橋琉キャプテン)
「みんな声が小さいので1人1人が聞こえる声を出して、みんなで盛り上げて、声でも相手に勝てるように頑張っていきたいです」

(下郡小6年 佐藤郁人キャプテン)
「男子はあまり背が高くないので素早い攻撃で点を取って勝ちたいです」

全国トップレベルの実力を誇り実績も残している下郡ハンドボールスポーツ少年団。これからも全国の舞台での活躍が期待されます。

下郡ハンドボールスポーツ少年団、男女ともに全国大会優勝するぞ!

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年8月30日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news