much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

老舗寿司店で提供!豪華な金箔入りサツマイモスイーツ|大分|much-on!

老舗寿司店で提供!豪華な金箔入りサツマイモスイーツ

秋の味覚「サツマイモ」。今回は大分県内で話題の専門店や、サツマイモをふんだんに使用したちょっと贅沢なサツマイモのスイーツを紹介します。

まずはじめにやってきたのは別府市にある「杏樹ゴトー饅頭店」。創業110年を超える老舗の和菓子店を7年前にリニューアルオープンし、先代が守り続けてきた伝統ある和菓子や新たに取り入れた洋菓子を販売しています。ショーケースに毎朝並ぶスイーツは15種類以上。季節ごとに変わるメニューの中でいま人気を集めるのが「お芋ショートケーキ(430円)」。お芋のクリームと生クリームをサンドしたケーキはほのかな甘みが広がるこの季節ならではの商品です。そして、SNSでも話題を集めているのが素揚げした輪切りのサツマイモ、そして大学芋、さらにお芋チップスをのせたサツマイモ尽くしの「芋盛りソフトクリーム(750円)」。お芋好きにはたまらない季節限定メニューとなっています。

(杏樹ゴトー饅頭店・後藤万吉代表)
「サツマイモは和菓子にもよく使われますしケーキやソフトクリームにも合いますので、いろんな方に来てほしいです」

そして大分市府内町にはユニークな専門店が。2021年6月にオープンした「隠れさつまいも館」。普段は居酒屋として営業していますが、休日と祝日のみサツマイモスイーツ専門店に変身します。

(隠れさつまいも館・江村純さん)
「コロナ禍で外食産業は売り上げが落ちたのでその中で新しいことをしようと思い始めました」

中でも一押しは「冷やし焼き芋ブリュレ(750円)」。グラニュー糖で表面を焼き上げ、最後にサツマイモクリームをたっぷり乗せています。そしてサツマイモとピスタチオのハーモニーが楽しめる見た目にもボリューム満点の「さつま芋とピスタチオのパフェ(850円)」も注目です。

(隠れさつまいも館・江村純さん)
「サツマイモスイーツをSNSで見て来てくれた方がここに居酒屋があるんだと発見してくれたり、スイーツを提供しているんだと知ってくれたらうれしいです」

さらにサツマイモスイーツはこんなところでも。佐伯市にある昭和47年創業の老舗すし店「亀八」では、客の目の前で仕上げる新作メニューが話題を呼んでいます。

コンポートしたイチジクに、ペースト状の紫芋をたっぷり絞り出していきます。そしてカスタードにざらめを乗せて焦がし、最後に金箔を乗せ、見た目にも豪華な紫芋のモンブラン「イモンブランパフェ(1980円)」が仕上がりました。抹茶と安納いものジェラートがついてくる贅沢なスイーツで、またコーヒーか紅茶がセットで選べます。

(亀八寿司 スイーツ職人・堀川陽さん)
「全国・九州を探しても、お寿司屋さんでパフェを食べられるところはないと思う。お寿司だけではなく食べてもらえるので気兼ねなく寄ってほしいです」

進化するサツマイモスイーツ。秋が深まるにつれて楽しめる機会がますます増えそうです。

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年10月13日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news