much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

【料亭の味】驚くほど簡単!「里芋のしんじょ風あんかけ」|大分|much-on!

【料亭の味】驚くほど簡単!「里芋のしんじょ風あんかけ」

ホクホクとした食感と独特な粘りが特徴の「里芋」。いまが旬の里芋は、食物繊維が豊富なうえ、カロリーはイモ類の中で一番低いといわれています。今回は驚くほど簡単にできる「里芋のしんじょ風あんかけ」のレシピを紹介します。

<材料>里芋…300グラム 鶏ひき肉…100グラム 揚げ油…適量 だし汁…800ミリリットル 砂糖…大さじ2 薄口醤油…大さじ2
<おだしの材料>だし汁…400ミリリットル 薄口醤油…小さじ1 きび糖…小さじ1 片栗粉…大さじ1 水…大さじ2

①里芋の皮をむく。しんじょはつぶして作るため、土臭さが残らないよう皮を厚めにむくことがコツ。

②鍋にだし汁、里芋、砂糖、鶏ひき肉、薄口醤油を入れ、里芋に箸がスッと通るまでコトコト煮る。

③火が通ったらザルにあげ、里芋をつぶす。この時点で煮物として味がついているので味つけはしない。

④つぶした里芋を6等分にして丸め、片栗粉をまぶして揚げ油でサッと揚げる。

⑤別の鍋でおだしを煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつける。

⑥里芋をお椀に入れ、おだしを注ぐ。お好みで生姜とゆずをのせたら完成。

とろっとしていて舌触りなめらか。鶏肉の旨味と相まって里芋のおいしさがぐっと引き立ちます。口に入れた瞬間のとろけるような食感を生み出すためには、里芋をしっかりとつぶすことが重要です。

里芋の旨味がたっぷり詰まったしんじょ風あんかけ。料亭のような一品で食卓が一気に華やぎます。

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年10月4日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news