much-on!

おおいたを、おもしろく

おおいたを、おもしろく

much-on!

柳ヶ浦高校女子サッカー部|一戦必勝!冬の選手権チーム一丸で強豪校へ挑む|大分|much-on!

柳ヶ浦高校女子サッカー部|一戦必勝!冬の選手権チーム一丸で強豪校へ挑む

1年生から3年生まで41人の部員が所属する大分県宇佐市の「柳ヶ浦高校女子サッカー部」。2019年の全国高校総体でベスト8に入るなど全国大会の常連校です。2021年の11月に行われた九州大会では、エースストライカー安倍選手の豪快なミドルシュートなどでベスト4に入り、2022年1月に行われる第30回全日本高校女子サッカー選手権大会への出場権を獲得しました。

(MF3年・川添ゆずキャプテン)
「サッカーになった時には学年関係なく言い合え、普段は仲の良いチームです。キャプテンとしてチームをまとめることや勝たなければならないというプレッシャーもありますが、みんなついてきてくれてやりがいがあります」

柳ヶ浦高校女子サッカー部はボールをキープするポゼッションサッカーをベースにしながら、「縦に速い攻撃と堅実な守備」を目指し日々練習を重ねています。そんなチームをけん引する注目の選手を紹介します。

チーム一のテクニシャンは1年生の松岡優空選手。細やかなタッチと鮮やかな足さばきで今後が楽しみな選手です。

ゲームメーカーはキャプテンの川添ゆず選手。広い視野でパスを展開し、正確なキックを求められるセットプレーも得意とします。

そしてチームの得点源、エースストライカーは3年生の安倍乃花選手。身長169センチ、強いフィジカルから放たれるシュートは強烈で裏に抜けるスピードも安倍選手の特徴。万能タイプのゴールゲッターです。

2020年度はベスト16まで進出した冬の選手権。2年連続出場となる今大会はさらに上を目指し、チーム一丸となって全国の強豪校に挑みます。

(MF3年・川添ゆずキャプテン)
「ゴール前での決定率が低いので、人数をかけて点を取ったり少ない人数でも決められたりできるように修正して、全国大会に臨めればと思っています。一戦一戦全力で戦って、柳ヶ浦高校らしく日本一をとれるように頑張ります」

情報提供 OBS大分放送
OBSイブニングプラス 2021年12月7日放送分

※上記掲載内容は番組放送時点の情報になります。最新の情報とは異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

こちらもおすすめ

一覧に戻る

oita
news